MENU

トラブルになる前にキャッシングを利用する

急に飲み会になったときや欲しいものが現れたときには、みなさんはどうしてるのでしょうか。まずはカード払いで支払うという方が一番多いことでしょう。しかしクレジットカードが使えない場合や、そもそもクレジットカードを持っていない場合などはどうすれば良いのでしょうか。

 

その場合は、恐らく消費者金融や銀行からのカードローンキャッシングを利用するのではないでしょうか。お金が無いものは無いで仕方ありませんので、無いなりに必要な分を何とかして用意する必要があるのです。そこで便利なのがキャッシングなのです。

 

キャッシングに於いては様々な方法があり、例えば銀行のキャッシュカードを使ったキャッシングを利用できるという方もいます。これは普通預金口座などを開いている銀行口座でカードローンキャッシングの契約をしていると、キャッシュカードにキャッシング枠が設定されるため、その限度額の範囲内であれば自由に借り入れを出来るという契約内容、キャッシングの仕方になります。

 

銀行でのキャッシングのメリットとしては、消費者金融での借り入れよりも信頼性が高いこととが挙げられ、さらに銀行引き落としの支払いなどがある場合に、もし残高不足になっていると自動的にキャッシングを利用した事で残高不足を補えるという事があります。

 

素早く借りられる消費者金融のキャッシングが人気

次に消費者金融のキャッシングですが、こちらは銀行のカードローンキャッシングに比べると金利が高いというデメリットがあるのですが、その代わりに審査時間が非常にすばやく、最短で申し込みを行ったその日に借りるというスピーディな融資も可能となります。便利で緊急のお金の要りように助かるのですが、安易に借りるのは得策ではありません。

 

何せ金利が高いために利息負担が大きくなるので、安易に借りてしまうと返済にかかる負担が大きくなって自分が苦しむことになってしまうからです。しかし、それでも周りの方に言いづらいお金の悩みを解決できるのが消費者金融からのキャッシングの大きなメリットとなりますので、予期せぬ出費に苛まれてしまった場合、人からお金を借りるよりははるかにマシと言えるのかもしれません。

 

そもそも、どれだけ仲が良い友達としても人にお金を借りるのは全く賛成できません。むしろ貸した方が気になりますし、相手にストレスや迷惑をかけるのを避けたいからです。

 

また借りると貸す場面がやって来ますし、それもそれで不安がつきまとうので避けたいものです。消費者金融や銀行からのキャッシングであればこういった心配をすることもありませんので、お金のピンチの時には申し込みを検討してみると良いでしょう。