MENU

業者によって違う審査の基準

多くの方が利用する機会が多いキャッシングやクレジットですが、それぞれの審査方法は似ているようで実は違うものです。その審査基準については、一般的に言われているのがクレジットカードの審査の方がキャッシングよりも厳しいということです。

 

定期的な収入があることが大切な条件となることはもちろんなのですが、それ以外にも返済能力があるのか、明確な居住場所は何処なのかということを審査されます。特に明確な居住場所についてはキャッシングよりも厳しくチェックされると言われており、その理由は、夜逃げの恐れがないかが懸念されるからです。

 

実際にお金を借りた場合、その借り入れ金を返済しないで行方が分からなくなってしまうという方もいることから、この点についての審査を厳しくしているのだと考えられます。

 

では、どのような人であれば審査が通りやすいのかといいますと、もちろん高収入の方や公的機関で働いている方です。このような方はあまり問題なく借り入れができると言われています。もちろん、他に大きな借金がある場合は話が変わります。

 

また、過去に借り入れがあった際に何も問題なく返済が完了している場合も審査が通る可能性は高いと言われています。また、親と同居しているということも審査が通りやすいということがありますが、これはあまり知られていないかもしれません。

 

審査基準は各社とも明らかにしていない

しかし、これらはあくまで「傾向」に過ぎず、実際にはどのような審査基準になっているのかというのは申し込みを行ってみない事には分かりません。しかも審査基準についても業者によって違いがあるため、どのような方であればどの業者の審査に通るかというのも断言することが出来ないのです。

 

ただし、これだけは言える事があります。

 

審査基準は大手の消費者金融ほど厳しく、中堅どころ、無名の業者と審査基準が下がっていきます。審査基準が下がれば年収や借り入れ状況にマイナスポイントがある方でも融資を受けられる可能性も考えられますので、年収の1/3を超えていないような借り入れ状況であれば、大手で断られた方でも中堅どころなどに申し込みを行ってみると良いのではないでしょうか。